タイヤ交換工賃

タイヤnavi

タイヤの空気圧の微妙な変化を感じよう

タイヤの空気は乗ることで徐々に減少していきます。車に乗る際には必ず車の空気圧を確認しましょう。空気圧の過不足があれば、タイヤが早く擦り減り寿命が短くなります。また、乗り心地も悪くなり運転も安定しません。一方空気を入れ過ぎてしまうと、中央部分だけが削れてしまう異常摩擦が起きてしまい、こちらもタイヤの寿命を短くする原因となってしまいます。適性空気圧で乗るためにはタイヤについてもっと詳しくなりましょう。

自分でも分かるタイヤの交換のタイミング

1つ目はタイヤの溝です。タイヤ交換の目安はスリップサインといわれています。スリップサインというのはタイヤの溝が接地面に触れてしまうことで、それはタイヤ交換をしないと危険であるといった警告なのです。

タイヤ交換で利用する店舗

no.1

タイヤ専門店

タイヤのことならやはりタイヤを専門に扱っているお店に依頼するのが安心です。また、次々と新たなタイヤが販売されているので、タイヤ好きの人からすると最高なのです。

no.2

カーショップ

カーショップでは、タイヤの他にも車全体のメンテナンスを行ってくれます。普段から利用しているところであれば、タイヤ交換の費用を下げてくれるところもあります。

no.3

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドの売りはやはりタイヤ交換の費用の安さです。タイヤ持ち込みのタイヤ交換もすることができるため、タイヤの交換をできるだけ安く抑えたいという方に対しておすすめされています。

no.4

ディラー

ディラーとは特定の自動車メーカーと特約店契約を結び、車の販売・メンテナンスをするお店です。他社製品を取り扱っていないので、そのメーカーのもののみとなります。商品の詳細情報や新製品情報などに詳しく自分の目的に合った車を見つけてくれます。

no.5

民間検査場

民間検査場でもタイヤ交換を行っています。基本的には、車検の際に使いますが、車のことにおいてまとめて依頼したいという方にはおすすめです。タイヤ交換費用に関しても比較的安く行ってくれるのでおすすめです。

いますぐ対応かんたんタイヤ交換

タイヤ交換について

タイヤ購入代

タイヤはブランド、インチによって料金は異なります。インチはサイズが大きくなるにつれて料金はどんどん上がっていきます。それらを考慮した上で購入を検討しましょう。車に適したサイズを選択するのは当たり前ですが、最近ではタイヤのインチアップをする方も多くいます。

使用済みタイヤの処分

使用済みタイヤは排出事業者の責任として適切な処理が求められます。タイヤを処分するには費用がかかるため、その費用はタイヤ交換代として請求されるのです。しかし、その費用を払いたくないという理由でタイヤの不法投棄が問題となっています。そういった問題を無くすためにも使用済みタイヤの処理は業者に任せましょう。

エアバルブ料金

基本的にタイヤ交換を行う際には、エアバルブも交換をします。エアバルブはゴム素材でできており、タイヤ同様ひび割れなどの劣化を起こし、エアー漏れの原因となってしまいます。エアバルブを交換してもらう際には、タイヤ交換費用に含んで請求されます。安全運転をするためにも、エアバルブも定期的に点検・交換してもらいましょう。

窒素ガス充填料金

窒素ガス充填はタイヤを安全に維持するためにとても必要な工程となります。タイヤの空気というのは、自然に減少していきます。そこで、窒素ガスがとても有効なのです。窒素は酸素よりも分子が大きく、ゴム膜を通りにくいためタイヤの空気圧の低下を防ぐことができます。また、窒素には酸素や水分がないため、酸化によるタイヤホイールの劣化が起こりにくいのです。

広告募集中